筋肉がつりやすい人に必要な栄養素

皆さん、こんにちは。
Performance & Conditioning Laboratory DOGO
コンディショニングコーチの渡辺です。

今回のテーマは『マグネシウム』です。
これからの時期に特に必要となるミネラルになります。
マグネシウムは約50~60%が骨に沈着しており、残りの40%は筋肉や脳、神経に存在しています。生体内では、多くの酵素を活性化して生命維持に必要なさまざまな代謝に関与しています。

・マグネシウムの役割
・マグネシウム不足と筋けいれん(筋肉がつる)
・摂取方法

マグネシウムの役割

・神経や筋肉の興奮を抑制
・糖質代謝や脂質代謝、エネルギー生成
・体温や血圧を調整
・メタボリック症候群、生活習慣病、ガンなどのリスク低下

マグネシウム不足と筋けいれん

発汗や排尿でマグネシウムを排出したり、糖質やアルコールを過剰に摂取するとマグネシウムが消費され不足してしまいます。
カルシウムイオンが筋肉を収縮させ、マグネシウムがカルシウムイオンを回収することで筋肉が弛緩するのですが、マグネシウムが不足してカルシウムイオンを回収できないと、『筋肉が弛緩できない=常に筋収縮している状態=筋肉がつる』という状態が起きてしまいます。
スポーツ時のみでなく就寝中にこむら返りが起こるのも、睡眠中の発汗によりマグネシウムが排出され不足しているのが原因かもしれません。
また、『筋肉が弛緩できない=肩こり、腰痛』ということも考えられます。

摂取方法

食事では海藻類、魚介類、穀物、野菜類、豆類で摂取できますが、必要摂取分を摂ろうとすると人によっては下痢をしてしまう可能性があるので注意が必要です。
そういう方は、マグネシウムの入浴剤を使用することをオススメします。(マグネシウムは経皮吸収しやすいので)

これからの季節は汗をかくことが多くなり、マグネシウムが排出され不足しやすくなるので、コンディショニングを維持するためにも意識して摂取していきましょう。

———*——–*——-*——-*——-*——-*——-*——-

愛媛県松山市の道後で、スポーツや日常生活のパフォーマンスを向上させたい方や健康維持・増進を目指す方に対して、パーソナルトレーニングの指導を行っているジムです。
ご興味のある方はぜひ一度体験にお越しください♪

◆ご案内◆
【トレーニング体験】
・パーソナルトレーニング(パフォーマンス・コンディショニング)
・ピラティス
どちらも1回 3000円

ご希望の方は下記からDOGOのLINEを友だち追加いただき、LINEから体験予約を行ってください。
ご質問やご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください(^^)

LINE友だち追加

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LINE_M.png

関連記事

PAGE TOP