スクワット、正しくできてますか?

皆さん、こんにちは。
Performance & Conditioning Laboratory DOGO
コンディショニングコーチの渡辺です。

さて、今回のテーマは『スクワット』です。
人間には常に垂直に重力がかかっています。まずはその重力に対して垂直方向に力を正しく力を伝えることが、痛みの改善や予防、姿勢の改善にはとても大切となります。
それができていないと、歩行動作や方向転換、立ち座りなど移動動作を適切に行うことができず身体に負担がかかってしまいます。

そこで、垂直方向にしっかりと力を伝えれるようにするためには、スクワット動作を正しく行えることが必須になってきます。

・正しいスクワット
・注意点
・バリエーション

正しいスクワットの動作

①体幹とスネが平行になり、太ももが地面と平行になるようにします

②股関節、膝蓋骨、第2趾が真っ直ぐになるようにします

③股関節、膝関節、足関節が一緒に曲がって、一緒に伸びるようにします

間違ったスクワットの動作

①体幹が前に倒れすぎていて、お尻が落ちない…
腰や股関節に負担がかかってしまいます。


②体幹に対して、スネが前方に倒れすぎている

膝に負担がかかってしまいます。

③つま先に対して膝が内側に入っている
膝や股関節、腰に負担がかかります。

スクワットのバリエーション

・スタガードポジション

・リアフットエレベーテッド

・ステップダウン

・ドロップスクワット

間違ったスクワットは腰や背中、膝に負担がかかり痛みが出る可能性がありますので、まずは正しいスクワットを覚えていきましょう。
そして正しいスクワットができるようになったら、歩行動作や素早く動くなどの場面にも適切に身体を動かせるよう、徐々に難易度(バリエーションの動画)をあげ、日常生活のパフォーマンスアップに繋げていきましょう。

———*——–*——-*——-*——-*——-*——-*——-

愛媛県松山市の道後で、スポーツや日常生活のパフォーマンスを向上させたい方や健康維持・増進を目指す方に対して、パーソナルトレーニングの指導を行っているジムです。
ご興味のある方はぜひ一度体験にお越しください♪

◆ご案内◆
【トレーニング体験】
・パーソナルトレーニング(パフォーマンス・コンディショニング)
・ピラティス
どちらも1回 3000円

ご希望の方は下記からDOGOのLINEを友だち追加いただき、LINEから体験予約を行ってください。
ご質問やご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください(^^)

LINE友だち追加

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LINE_M.png

関連記事

PAGE TOP