腹筋運動や背筋運動で腰痛改善?

皆様、こんにちは。
Performance & Conditioning Laboratory パフォーマンスコーチの渡辺です!

さて、今回のテーマは『腰痛』です!
腰痛は日本人の80%以上の方が経験すると言われています。
そして、腰痛といっても下記のように様々なものがあります…

  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 脊柱管狭窄症
  3. 分離症、すべり症
  4. 腰椎圧迫骨折
  5. 変形性腰椎症
  6. リチャード病
  7. 非特異的腰痛

などなど、これ以外にもたくさんありますが、
今回は『非特異的腰痛』についてお話していきます!

1.原因不明の腰痛

レントゲンでは異常のない原因不明腰痛のことを俗に非特異的腰痛と言います。そして、日本人の約80%以上が経験するといわれている腰痛のうち、
なんと85%の人が非特異的腰痛なのです。
そういうレントゲンやMRIで問題のない、原因不明な非特異的腰痛に対して
病院などで『腰痛になるのは筋力がないのが原因で、改善のためと腹筋や背筋のトレーニングをしなさい』と言われる方も多いのではないでしょうか?

2.本当に筋力がないの?

そもそも日常生活動作レベルに支障をきたすほど筋力がない人はいるのでしょうか?
肉体労働で毎日20kgや30kg以上の物を持つ人や高齢者は別ですが…
もし純粋に筋力がなくて腰痛が起こるのなら、赤ちゃんは常に腰痛で泣いているのではないかな?と思います。
(この例えは極端すぎるかも…)
実は非特異的腰痛の方は筋力がないのではなく、動作の中のパターンとして無意識に筋肉を固めすぎていることが多いです。
そんな方が腹筋や背筋のトレーニングでさらに筋肉を固めてしまうと…、
さらに腰痛を悪化させて負のスパイラルに陥ってしまいそうですね!

3.非特異的腰痛への正しいアプローチ

そこで非特異的腰痛改善の基本的なアプローチは、腹筋運動や背筋運動でただただ鍛えるのではなく、動作中に不要な力を抜けるかどうか、最低限必要な筋力発揮で背骨の配列を維持したまま、いかに手足を動かせるかが鍵になります。
つまり、非特異的腰痛改善では腹筋運動や背筋運動で筋活動を向上させるトレーニングより、筋活動を適切に抑制するためのトレーニングの方が必要となります。

他にも腰痛には自律神経系や消化器系の乱れがある可能性が高いので、それらを改善するようなアプローチも重要でありますが、この内容については次回以降で記事にします。

———*——–*——-*——-*——-*——-*——-*——-

愛媛県松山市の道後で、スポーツや日常生活のパフォーマンスを向上させたい方や健康維持・増進を目指す方に対して、パーソナルトレーニングの指導を行っているジムです。
ご興味のある方はぜひ一度体験にお越しください♪

◆ご案内◆
【トレーニング体験】
・パーソナルトレーニング(パフォーマンス・コンディショニング)
・ピラティス
どちらも1回 3000円

ご希望の方は下記からDOGOのLINEを友だち追加いただき、LINEから体験予約を行ってください。
ご質問やご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください(^^)

LINE友だち追加

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LINE_M.png

関連記事

PAGE TOP